記事の詳細

犬を飼う場合まず最初に比較したいのが体の大きさです。これらに詳しい決まりは定められていませんが、小型犬・中型犬・大型犬と分けられています。そのなかでも犬を飼う喜びが得られる中型犬や大型犬の特徴を知っておきましょう!

・ 中型犬と大型犬の違いは?
中型犬や大型犬は体の大きさにより区別されています。これらは明確な基準は無く、いくつか定義があるため正確に中型犬・大型犬と分けることはできません。しかし、大まかな分類はできますから、それぞれの特徴を比べてみましょう。

比較の基準としたい目安があります。体重が11kg以上の場合は中型犬となり、そして大型犬となるのが25kg以上の場合です。小型犬の場合はその大きさが限られているため分類しやすいのですが、中型犬や大型犬は様々な基準が存在しており、15kg〜30kg未満が中型犬となっている場合や、10kg〜19kgと範囲が狭い場合もあります。

その理由は大型犬でもすらっとした体型で体重が低い犬種もあるからです。逆にセントバーナードのようにずっしりと重く大きい犬種もいます。

・ クーアンドリクで扱っている中型犬の種類
中型犬で人気があるのがコーギー、ビーグル、柴犬などです。コーギーは足が短く牧羊犬として使われてきました。そのため足が速く運動量も多めです。飼い主の指示をよく聞き、明るくて好奇心が旺盛のため、一緒に遊ぶのに適しています。

ビーグルは集団で狩りをするのに適した犬で、飼い主への従順さに優れ、人懐こく誰にでも打ち解ける性格のよさを持っています。寒さや暑さにもある程度は適しており、屋外や室内を問いません。活発で人やほかの犬とのコミュニケーションが必要なため、遊び相手として最適な犬種です。

柴犬は日本に古くからいる犬で、体が小さいのが特徴です。飼い主に従順で忍耐力が強く、昔から番犬としても使われてきました。成犬になっても愛らしい姿で、主人との主従関係をしっかりと持たせると飼いやすく、適度に距離を置いてもよい特徴があります。

・ 大型犬はどんな種類がいる?
大型犬はラブラドール、ゴールデンリトリバーなどがいます。どちらも似たような性質を持ち、毛が短いのがラブラドール、毛が長いのがゴールデンリトリバーです。飼い主に従順で、狩猟にも使われてきた犬種です。

厳密にいえば起源は異なるのですが、性質が似ていることからよく比較されています。ラブラドールは盲導犬にも使われています。

まとめ
中型犬、大型犬の違いはどうでしたか?紹介した犬種はクーアンドリクの店舗によってはいない場合もあるため、検索機能を利用しながら調べてみましょう。

クーアンドリク
http://www.pet-coo.com/cgi-bin/index.cgi

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る