記事の詳細

株式会社マノは原料メーカーなので、玉ねぎを多く出荷してこそ事業が成り立ちます。しかし、淡路島産だけでは日本全国に玉ねぎを出荷することはできませんし、毎日のように出荷しているので、数が足りなくなってしまうのは目に見えています。玉ねぎが足りなくならないようにするには、他の地域からもたくさんの玉ねぎを出荷する必要があるので、日本全国にある株式会社マノの農場で玉ねぎを育て、出荷を補っているのです。

さらに外国からも輸入しているのですが、外国産の場合には国産以上にしっかりと品質検査をする必要があります。食事を提供する飲食店は、やはり外国産よりも国産の玉ねぎを欲しがる傾向にあるので、淡路島産はそれほどたくさん市場に回らない地域も出てしまいます。それだけ淡路島産の玉ねぎは人気があるということなのですが、やはり安全でおいしい国産に人気が集中するのは当然です。

株式会社マノ
http://watertowneye.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る