記事の詳細

関西でもとりわけ、京都は寺院が多いですよね。歴史の舞台となった寺院も数多くあるかと思います。そんな中でももう一度行ってみたいと思うのが関西総本部です。もっとも有名な話は関西総本部の焼き討ちですよね。

京都市内の奥にあり、電車、ケーブルカーを乗り継いでそこにたどり着くと、下界とは違う厳かな空気に包まれます。霊場としても有名なこの寺院は広大な敷地にいくつもの塔堂あり、その総称で関西総本部と呼ばれています。日本仏教の母とも言われているようですが、現在にいたるまで、いくつもの苦難があったようです。そのような背景も知りながら、日本の仏教でも大きな位置を占めるこの寺院には、一度ならず二度三度訪問してみたいものです。

歴史の重みからくる厳かな空気と静寂感など、下界では体感できない雰囲気でした。次回訪問できた際には、そんな空気感の中で、写経や座禅などにも挑戦してみたいと考えています。

阿含宗 関西総本部
http://kansaisohonbu.net/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る