記事の詳細

金昌宏は若手デザイナーとして、注目を集めています。彼の作品は、とある会社の重役の目に留まり、実際に販売されました。その後、彼は契約を結び、現在も作品を手掛けています。若手であるにもかかわらず、業界内では高い知名度を持つ彼を羨む人々も多くおられます。彼の作品を批評し、こき下ろすことも少なくありません。彼は、ギャラリーの意見こそ全てだと考えています。それが、彼の本心です。

人には、奪う者と奪われる者がいる。彼はそう言います。彼は青春のほぼ全てを美術に捧げてきました。そんな彼だからこそ、奪われる者の痛みが分かるそうです。彼は決して他人を非難しません。その代わり、彼は自分に対し、厳しさを保ちます。出る杭は打たれるということわざのように、自分は出る杭なんだと考え、克己心を保てるよう、努力されています。

若手ではありますが、金昌宏の実力は折り紙つきです。彼は多くの方の依頼を受けており、ほんの少し頑張るだけで、たくさんの収入を手にしています。若手のうちに実力をつけて、早いこと独立してしまおう、と考えているとか。若いのに、それだけの収入を手に入れられるだけの実力がある。彼は、その事実を証明しています。

金昌宏の運営するwebサイトは、主に一般の方に人気があります。そして、webサイトを通じて依頼を受けることも、少なくないそうです。でも、現在は会社勤めですので、お金はもらっていないそうです。サイト運営にかかるお金は、全額自腹です。その方が、本気で更新したくなるのだとか。

若いからこそ、できる仕事もあります。金昌宏はファッションに対する情熱を、常に失うことなく、努力し続けています。最終的なゴールが見えずとも、今すぐ行うべきことは、常に見えているそうです。彼にとっては、一つの道にこだわることが、最大の過ちだそうです。いくつもプランを設定して、最善のルートを進むそうです。

既存の利益にしがみつかないことが、金昌宏のモットーです。歴史上、常に人の上に立った支配者はおらず、どんな職業についても、苦労は絶えない。彼は、歴史を勉強して、この結論に至ったそうです。常識外れといわれる手法を積極的に取り入れ、研鑽に励まれています。

デザイナーは、楽な仕事ではないが、とても奥深い。彼はそう考えています。デザイナーになろうと思った時点で、彼は自分を一度漂白し、真っ白な状態まで戻したそうです。そうしないと、先人に対し失礼になるため、申し訳ないそうです。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る