記事の詳細

野澤渉は横浜市で1971年に生まれ、普通の中学生活と高校生活を送りました。その時に法律について興味を覚えたのが日本大学法学部に進学するきっかけとなりました。法律に興味を持った理由は漠然としたものであり、ただ法律を勉強することによって、この世の基準となっている概念を学ぶことができて、それによって世の中に対する見方が変わると考えたのです。実際に大学に入ってからはアルバイトに励むばかりであり、あまり勉強に真剣に取り組んではいなかったようです。それでも、将来について考えると自分にはサラリーマンの道よりも弁護士の方が向いているのではないかと考えて、実際に法律家を目指すために司法試験を受けることにしたようです。司法試験は難しい試験であり、簡単に合格できるものではありません。もちろん、中には一発合格してすぐに法曹の道を進む人もいるのですが、野澤渉の場合は合格して実際に弁護士として登録できるようになるまで10年以上の歳月がかかりました。その間も諦めることなく試験を受け続けたのです。司法試験を受けてから2度目の試験で択一式に合格することができたため、自分は最終的に司法試験を通ることができると考えて、そこから諦めることなく受験を続けたのだそうです。諦めずに何度も挑戦を続けた結果として、実際に合格することができました。論文試験についても良い評価が続いていたため、他の道に変更するという気持ちが湧くことは一切なかったようです。

野澤渉は司法試験を終了してからはそれまでとは打って変わって順調なキャリアを積むことになりました。法律事務所に就職して、いろいろな仕事を経験しながら実務経験を重ねていったのです。そこで場数を踏むことができたため自信を持てるようになり、実際に自分でも法律事務所を構えようと思うきっかけとなったのです。当時勤務していた法律事務所では相続や不動産関係の仕事を担当することが多かったようです。そのような仕事を数年間ずっと続けてきたことによって、得意分野にすることができて、野澤渉法律事務所を開設した際にもこの二つをメインの仕事としました。弁護士として得意分野を持つことは大切なのです。すべての分野をカバーするのは不可能であり、どうしてもいくつかの分野に絞って、それらについてのプロフェッショナルになることが求められるのです。その方が質の高いサービスを提供することができるのです。野澤渉法律事務所の場合は、それが相続関係と不動産関係となっているのです。法律事務所の開設については自然の流れで決意したそうです。ある程度キャリアを積み重ねていったならば、独立しようと思うことはこの業界では普通のことなのです。そのため特に疑問を持つこともなく野澤渉法律事務所を開設して、現在までさまざまな依頼を積極的にこなしているようです。

法律事務所を経営している弁護士として野澤渉は一生懸命仕事に取り組んでいます。その際には簡単に諦めないことを大切にしているようです。自身も過去に何度も司法試験を受けてきたという経験があり、そこから無事合格することができたという成功体験があるため、いろいろな工夫を重ねて粘り強く挑戦することによって、どのような困難に思われる状況も改善することができるという自信を持っているのです。そのような気持ちがあるため、実際にサービスを提供する際にもできるだけ顧客の望むような結果が出るように工夫しているようです。そうやって簡単に諦めない姿勢を貫くことによって、顧客から信頼されることに成功しているのです。今でも事務所には多くの仕事の依頼が寄せられるのですが、それらはこれまでしてきた仕事を正当に評価された結果といえるでしょう。この事務所に任せておけば安心できるという評判があるのです。また、野澤渉は日本大学の卒業生であることを強く意識しているようです。実際に校友会にも積極的に関わっていて、自分は日本大学法学部を卒業した法律家であることを常に意識して仕事をしているのです。母校愛が強く、自分の出身校に誇りを持って法律家としての仕事を進めています。いろいろな仕事の依頼が来るのですが、それらにはできるだけ対応しようとしているようです。多くの人が悩みを抱えていて、そのために法律事務所へ足を運ぶのです。そのような人達に対してサービス業として十分なサービスを提供し荏満足を得てもらうことを意識しているようです。できるだけ満足してもらえるようなサービスが提供できるように日夜努力しているのです。そうすることによって、初めて正当な対価を得ることができると自覚しているのです。今後も法律家として野澤渉は懸命に努力をしながら仕事をしていくでしょう。

野澤渉法律事務所
http://houritsujimusho-2010-12-06.com/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る